水の流れるところ  mamimemo

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
でてくる

でてくる。

いろんなものが頭のなかにでてくる。

急に ある形がでてくる。

そしたら

あれとこれをここにくっつけて あそこでこれがあったら。

あのカタチがここにこういう風な色をして 動いていたら。

と でてくる。

何がどうなってるのかわからないけど

何かが外れたように 自由に なんだか自由に でてくる。

 

移動中に 御飯食べながら 会議中でも でてきたときに 

その時にあるペンとある紙に描いておく。のはあたりまえだけど

夜ベットに入ってから思いついたことは 覚えておこう として寝てしまうのは

生まれてこのかた、一度も成功したことがない。

だから 最近は むんずと起き上がって 描く。

で 4時とか5時とかになる。 

とまらなくなってきて どこでストップをかけていいかわからない。

壁が埋まる。床が埋まる。

紙があちこち どこに納まるのがベストなのかわからないかんじで

そのへんに 散乱してる としかいいようがない。

このモノたちは、ここで終りじゃなくて これからカタチをかえていくためのもの

で とても大切でもあり ワクワク道具となる。

| 15:33 | - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Mami Tomita |
自分

作品のためのプロフィール用にお友達に撮ってもらいました。

何を撮っていても いい雰囲気の写真を撮るのだけれど、

人を撮るのがいつも上手です。いい表情の一瞬をきりとってくれます。

 

普段、こっち向いてといわれても、恥ずかしくて正面をみれない。

でも、そもそも 恥ずかしがることのほうが

恥ずかしいことなのではないか とふと思った。けど やはり恥ずかしい。

どんな顔をしてよいかもわからない。笑顔がぎこちない。ゆがむ。

 

自分の顔をみながら

笑顔は難しい と思った。

簡単にできるものでもなく

でも 誰にでもできるもの。

 

毎年、正面をみて撮ることにしてみよう。

おかしくなくても 笑って撮る。

歳を重ねるたびに素敵な笑顔ができる自分でありたい。

40歳からの目標。

 

 

| 17:08 | advance | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Mami Tomita |
KITE

 

カイト。

 

海の空に。

 

紐で繫がった 風に乗る鳥。

 

空を見上げる その先に 嬉しいものがあるとしたら。

 

 

虹。と 帆。

 

mami

| 19:15 | advance | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Mami Tomita |
時間の形

 

幌加内町に行きました。

 

一年に何回も行ってますが、初めて案内していただいた隠れスポット。

 

昔、深川〜幌加内〜名寄までを結ぶ鉄道「深名線」がありました。

第三鉄橋は、国道275号の幌加内町のちょうど真ん中あたりに位置し、

国道を走っていると見えてきます。

森の中に、動かぬ形として、ひっそりとありますが、

その形状は本当に美しく、主張しすぎずにも、

その景色をより意味の在るものにしてくれています。

 

そこには、見学できるように車が数台は入れるスペースや、

町の人たちが花壇に花を植えて、きれいにされています。

 

その後ろに 道。

いままで気づきませんでした。 いや、どうみても気づきません。

 

観光協会の古屋さんが案内くださいました。

マップにも載ってない場所。

それに気づかない人のほうがおおいような場所に、

地域の70オーバーのおじいちゃんたちが、木でつくった階段が設置されてました。

 

新しい第三鉄橋。

橋を下から望めます。

 

それこそ昔はダムがなかったので、川の流れも強く多くだったようです。

 

 

 

始めてみる 大きな いくつもの 穴。 

それも大きな岩の表面に、

上から下に向かうものもあれば、横向きに削られているものもあります。

 

ポットホール(甌穴)。

 

久しく感じなかった 驚き入りの感動でした。

 

川の流れとともに小石が流れ、削られ、そのうち渦を巻いてぐるぐると回転。

同じところを何十年、何百年と彫られて、今ここに有る形は数千年とのこと。

大よそ100年で3〜4cmのようなので、

確かに千年でできた形とは思えないほどの深さで、

綺麗な曲線ができていました。

自然の作る形は 当たり前ですが、ものすごいです。

 

また観にいきたいし

そこにずっとみてたかった。

| 17:52 | Wonderful | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Mami Tomita |
夏休み

今年はいつもの年よりも、仕事の数というか種類というかが多く、出張も多く、
出会いも多く、楽しさも倍増なのですが、
いつもの年よりも山にいけずだったので、山に行く、をメインに
がっつりお休みをいただきました。


▲DAY1 空沼岳

 

夏休み初日は、8月11日・「山の日」。
今年初の祝日です。父・規文の誕生日でもあります。
これからは毎年、父の誕生日が祝日です☆

 

どこに行こうか迷い、
私の少ない山登りからだけど、大好きな山に決めました。
歩いていて楽しいのと、
公共交通でいけるのと、
札幌市内だから日帰りでいけるのと、
山頂までに2つも湖があって、それぞれの特徴が違って好きなのと、
ある程度の日帰りでの達成感や疲れ度合い、景色、全体的な感じが好きなためです。
山頂でお湯をわかしてインスタントを食べるもまた、とてもいい感じです。
今年は暑かったので、ゼリーを凍らせたのもバッチしでした!

 

快晴ではなかったですが、山頂からは羊蹄山も見えていて、
とてもいい山の日になりました。


お誘いして一緒に登ってくれた幸治くんにも感謝です。
私はどちらかというと、あまりおしゃべりせずにモクモクと登ってしまうので、
たぶん、一緒の人はあまり面白くないだろうと思うデスが、
私自身は、山の中に居る時間にいろいろ感じられることがとっても幸せで、
何かをいつも戴いてきます。(忘れるけど。)

 


▲▲DAY2 赤岩

 

次の日は クライミング。 快晴。


ほんとはちゃんともっと通って、登れるようにならなくてはいけないのですが、
やっぱり 赤岩でのクライミングは最高に気持ちよかったです。
もし、私に、毎週土日があるとすれば、岩登りに専念したいとあらためて思いました。

 

お盆休みとはいえ、平日の金曜でもあるので、土日は普段車を停めることも
難しいくらいなのに、私達のほかに車は2台しかありませんでした。
岩を独占です。

 

信二さんと2人で登るのは何年ぶりかしら、と思うくらい久しぶりで、
めっちゃ楽しかったです。
ほんとにほんとに貴重なひとときでした。

 

私が久しぶりすぎるので、やさしいルートばかりでしたが、
たぶんほんとは注意したかったでしょうけれど、じっとみててくれて、
それでも10ピッチリードできて、幸せでした。ほんと楽しい。ほんと。

 

せっかく朝早くでたのですが、うるしかぶれの薬を飲み忘れたため、
朝、まだ開いてない薬局に御願いして薬を購入し、
スタートが少し遅れてしまいました。

すごーーーくいい岩登り日でした。

 

 

▲▲▲DAY3 盆踊り

 

夕方、実家に戻り、浴衣を着て盆踊りへ。


先月の納涼コウアワーで赤いのを着たので、今回は黄色。

盆踊りは踊りませんでしたが、父にビールをおごってもらい ぼーっと。
人は沢山いましたが、盆踊りを踊っている人はあまりいません。

 

やあやあどうもどうも、って近寄ってきた半被きたおじさん。
近所のおじさんと話をする父をみて、
引越ししてから10年経ち、ご近所付き合いをしている家族
を初めてみたことに気づきました。 嬉しく思いました。

 

 

▲▲▲▲DAY4 八剣山

 

8月14日。去年も実施しました モイワ高校同級生との登山。


八剣山を登り、降りてきて麓でBBQ。その後は、温泉。でその後ビール。

八剣山登山は私を含めて5名。
前回よりは少ないですけれど、こんな健全な遊びを、同級生で集ってやろう!
なんてことに賛同して、参加してくれたこと自体が嬉しく、
私一人のものではないにしても、山登りは私が好きで「0次会」として
追加した項目なので、ほんとうにワガママ勝手気ままにお付き合い
いただける友達がいて、ほんとに嬉しく、んで、
登ってよかった っていってくれたことが すんごく嬉しかったです。

 

その後のBBQは、どんな味がしたかあまり覚えてません。
美味しかったです。


温泉は久しぶりに 豊平峡温泉へ。
お肉を食べたばかりなのに、カレーが美味しそうすぎました。
お風呂はやっぱり いいです。 ほんと いい。

 

夕方に、FBでまいこちゃんからメッセージが届きました。
何かの間違いか、何かのいたずら系かとおもいつつも、
もしかしたら本物かなと思って、開いてみたら!
もう30年くらいあってない 私の憧れの麻衣子ちゃんでした。
小さい頃から可愛くて、女の子っぽくて、大人で、細くて綺麗で、
何よりも笑った素顔(すっぴん)が むちゃくちゃ可愛くて、
私にはまさに 月とすっぽん くらい違うのですが、
3つ上でも一緒に遊んでくれて、上にいない私にとっての
(勝手に自慢の)お姉さんでした。

 

ほんとほんとにどんなめぐり合わせなのかわからないですが、
FBにこれほどまで感謝したこともそうそうありません。
ありがとう FB。


夜は決めてなかったけど、集って飲むこと(同じメンバー)にして、
キヨのお店「味和久」に行きました。何を食べても美味しい。
ショウジャク君もきてくれて、私は20年ぶりに会ったように思いますが、
あまりにも変わらなさ過ぎて驚きでした。
むしろ若返ってるんじゃないかとおもうほど。懐かしいな。

 

今年は40歳の年。
12月30日、沢山の皆に会えるといいな と思います。
一人でも多くの人に声が届くようにがんばろう。

何を一緒に共有してたかわからないけれど、
お互いの記憶と記憶をすりあわせると 新しい想い出ができること、
を知りました。

 

帰り道で、高校女バス後輩になります
しの、みほ(ふみ)、あっこ、すみ、に会えました。すげーーー何年ぶりなんだろ。
すごい沢山の「久しぶりすぎて嬉しい」日になりました。

 


▲▲▲▲▲DAY5 ご先祖様に会いに。

 

両親と、耕嗣家族と一緒にお墓参りにいきました。


前日の飲みすぎにより、頭がいたく、ぼーっと、、完全なる二日酔いのまま。
せっかくの皆でワイワイの御飯時間も、ぼーっと。
車の中では寝て、実家に戻っても寝て、起きて19時半。
明日からの仕事を考え、夜御飯は食べず円山に送ってもらいました。

 

帰り際に持たせてくれた、麦餅御飯のウニおにぎりとすじこおにぎりを
冷蔵庫に入れ、23時。
あんだけ寝たのにオリンピックももわもわと見ながら就寝。

本日、会社復帰したお昼にいただきましたが、
あまりに美味しくてびっくり。 母のおにぎりは世界一です。

 


夏休み休暇は実際には2日間で、あとは土日。
連続する5日間をフルで楽しみ、毎日が充実し、いろいろを感じて、
嬉しくて、ほんとうにいい時間をいただたように思います。

 

 

☆mami

| 22:04 | 会った | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Mami Tomita |

 

暑い夏。キュンとする夏。きゅっと冷えたかき氷。

| 23:28 | 気持ち | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Mami Tomita |
40歳


40歳になりました。

いまから 41年前に生まれました。3960g。
今思うと、けっこうおっきな赤ちゃんです。

30年前は、小学生。ミニバスを始めた頃。
ここから10年続くとはまさか思わないバスケとの出逢い。
帰り道ではいつも一つ下のカズホちゃんと一緒に魔女っ子メグを歌ってました。
歌詞の内容なんて考えずにでっかい声で。あれは子どもの歌なんでしょうか。

20年前は、大学生。
ちゃんとした大学生はともかく、その先の20年を見据えて、なんてこと
私にはできておりません。(今も変わらず。)
ずっとバスケだったので、ここで、絵を描く楽しさを知りました。
魔女っ子メグを歌うと、少しリアルさを感じる歳頃。
この歳であればまだ、いやみなく聴いていただけてるんではないかと。

10年前は、契約社員になりましてから2年目(だったはず)。
仕事を通じて、色んな人に出逢い、へー!ほー!すげー!の連続で、
まいにちアタフタパタパタしてました。(今も変わらず。)
魔女っ子メグを歌うには、少しつらさを感じる歳頃。聴いてる人もきっと微妙。

40歳は、自分には関係ないくらい上のおばさんと思っていました。
そうそう おばさん。
その歳に、自分がなれました。

そして私は、この歳でもまだ魔女っこメグを歌い(リアルと思える歳をはるかに越え)、
そろそろ引退したほうがいいな、と思うのですが、
頭の中に、何かをきっかけにでてきてしまうのです。

人生設計も、これからの抱負もとくにないですが、
より沢山の人にであい、まだ見たことのない いろんなものに触れ、
まだ踏んだことのないいろんな地へいき、国をみて、
自分なりに感じた「こと」を忘れずに、
それがいずれ、自分のための誰かのための何かのためになれたら
この上ない幸せだな と思います。

沢山のおめでとうをいただいた 誕生日。
とってもHAPPYです。
いただいた言葉と気持ち、HAPPYをそのまま皆に☆

ありがとう。


わたしと同じ40歳の 花海棠。

まみ
| 19:30 | advance | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Mami Tomita |
岩を登る


赤岩に行ったのはとても久しぶり。

やっぱり 岩にさわって 登って は 楽しい。
ほんとに楽しい。

たいした登れないのにいうのはおかしいけれど
難しいほうが いい。
やっぱりリードがいいな。
セカンドでもいいけれど 面白いが全部半分くらいになる。


そうそう。

コツコツコツコツ ジムに通って 鍛えないと。
登るために 登る訓練と 気持ちを高めるのと
登ってみたいところに 挑戦できる体と心をつくるために。
| 20:55 | Play | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Mami Tomita |



約1年半ぶりに大好きな落語を観に行ってきました。

前回も、三三さんでした。
東京に行く機会があれば調べてますが 
なかなかお目当ての方の寄席にあうということもないですし、
時間的に難しいときのほうが多いです。

落語には噺はじめに、導入のような感じで「マクラ」というのがあります。
この「マクラ」が演題の内容に絡んでくるのですが、
この「マクラ」と「噺」の境界が心地いいほどにすんなりすぎて、気づけないことも多々です。
あっという間にお話しの世界に入ってしまいます。

走る前のストレッチ。食事の前の食前酒。お化粧前の化粧水。
あまりいい表現がでませんが、このマクラの時間こそ必要で、
その人が見てきたことや感じたことが見えるため、とても面白いのです。

広いステージの真ん中にサブトンが1枚、噺し家が一人、その上に座っているだけ。
ですが、一瞬にして、そこに長屋や籠、背中を丸めたおばあさんや、やんちゃそうな子どもなんかが見えてきます。
道具は何一つないのに、色んなものが見えます。
この時間よ永遠に・・・と思わせてくれるほど面白く、可っ笑しくて声にだして笑ったのは、
とても久しぶりだったように思いました。

mami
| 16:06 | - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Mami Tomita |
えなことお揃い。


2011年の冬の写真。

偶然おそろいのジャンパーを持っていて
偶然おそろいになったときの写真。

でも もう このジャンパー。
2015年の冬のネパールに持っていって、
ストーブにくっついちゃって 羽がぽわぽわでちゃって
リペアテープで補修して、
今はもう 作業着。

今年も探したけど、もういっぽで見つからなかった冬の上着。
来冬はずっと着れるお気に入りがみつかるといいな。

今日は3月1日 あやこおばあちゃんのお誕生日。
92歳?だけど、これからも元気で可愛くいてください。

mami
| 21:51 | 気持ち | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Mami Tomita |
| 1/15 | >>