水の流れるところ  mamimemo

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Winter Circus 2016 



きれいだった。

私の、ほぼ一年に1度の表現フィールド Winter Circus.

11回目はないとおもっていたところ、
1回目に作った会場、西神楽での開催の話とあわせて、
制作のご連絡をいただいたのが12月。

ある程度の制限はありつつも、
自由に考えをおこせて、ひとりでは作れないモノを考えて、
一緒につくっていける
こんなに素敵な時間を生きられるのは
ものすごく幸せなことだとおもう。
私はなんてラッキーなのだろうか。
それも11年も。

しいていえば、もしかしたら、
少しの、ある程度の、若干以上の制約がある中で考えるほうが
楽かもしれない。
ゼロから考えること なんて この世の中には存在しない。
すでにものがある世の中にあって それはない。
けれど、いろいろが有りすぎるそこから新しいものを作ること、
のほうがもっと難しいかもしれない。
ゼロに近くから自分で好きなことを考えて
今目の前にない形をつくりあげる。
そのいっぽ先を想像して楽しむことができる。すごく幸せを感じられる。

辞書にある言葉を並べることがいつまでたってもできない。
ボキャブラリが増えない。
そんな私が新しい種類のことを表現できるようにも思いえない。
すぐに答えを出さなきゃいけない と思ってしまう面、
まったく それはどうでもいいや と思うのがほぼ。
なった先から その先を考えて もっと楽しくもっとワクワクしたい
って思うから 何が起こっても まあ たいした気にしない。
それもまた 楽しい。

大きなものが好き。大きくみえるものが好き。
遠くをみるのが好き。
大きければ、空に向かって広がり、上をみることになるから。
空はどこまでも限りなく、その先がどこまでも自由だから。
空はどこまでが空なのか。

知らない誰と誰にだって 同じようなところは どこかはある。と思う。

私が作りたいとおもうものは、
誰かが 自分もできるかも とおもうところに有るもの なのかもしれない。
誰かが 自分で手を加えたくなるもの なのかもしれない。
誰かが 誰かに自分がやったよ といいたくなるものなのかもしれない。

そうでない部分でそうされると 違う と言いたくなる自分もいるけど
否定できないのは そもそもそれを望んでいたところもある。

風船も、椅子も、目新しい題材でもなければ、
ましてや「ゆきのかたまり」なんて、何回同じようなものを作ってきたのだろう
と 誰だっておもう。

でも、
ただ椅子だけでもダメだし、
ただの風船でもダメだし、
こうじゃなきゃいけないに縛られすぎてもダメだし、
ここは譲れないもなくなっちゃいけない。
だから 作品。
だから 私がノートの一ページの平面だったものを 触れるものに表現したくなる。

歌に 演奏に 間違いはあるんだろうか。
私はないとおもうけれど、
聴いている人が気持ちいいとおもえばいいんじゃないかと思う。
でも演奏者が間違ったっていったら それは間違いなのかもしれない。
でも私が間違ったよね っていうことではない範疇のことのように思える。
そこででた音が音であって、間違いってことはないように思う。


こうして 書いていてもよくわからないけれど、
気持ちに時間が早いうちに残しておくことも必要だし
少したったときに 思い返すことも必要?かもしれない。

次にやりたいことがいっこ。

ずっと目の前に貼ってある構想「海の 空にモビール」。

水という
ずっと動きをとめないもの と
水という
かたちをいろいろ変えられる不思議なもの と
風という
見えないけれど カタチを現してくるもの。


自分にとことん素直に生きたい。
ひたむきさを忘れないようにいたい。

mami
| 21:58 | つく(ってる現在、った過去、る未来) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Mami Tomita |
Winter Circus -mami  すきな方をむく 時  そのかたち


11年目、11回目。

少し難しいため、カタチがへんこうになる 前の案。



はなれず くっつきながら
すきな方をむく


ひとつのタマゴのかたち。
と、
ひとつのタマゴのかたち。
お互いにお互いを引き寄せて、
お互いがお互いとは違うほうをみている。

はなれず くっつきながら。

ここに「小学校」という概念のものがなくなっても
ここにあったことには変わりなく、
カタチ有るものは、いつかはなくなり、
カタチあるものは、知った時から自分の中からは一生消えない。
雪は二度と同じかたちにならなく、今、その瞬間を楽しめる天からの贈り物。
雪は、温度も、匂いも、色も、痛さも、全てを感じ取れる。

動くものと、動かないもの。
だけど、いつか動かないものも動きはじめ、いつかは動くものも動かなくなる。

だから、今、その瞬間を、大切に。
そしたら 宝物はどんどん増える。

そこで
動くものと
動かないもの
−ゆきのかたまり


冨田真未
| 19:19 | つく(ってる現在、った過去、る未来) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Mami Tomita |
10年目の私の Winter Circus 


2005年の冬に、原さんから声をかけていただき
これを作ってみたいのですが と 絵を一枚だけ持っていった。
とてつもなく大きすぎる たまごの形をした (ほぼ)雪だけでできた塊。
彫刻科を卒業していつつ 規模を想定できていない私。
いつもその辺が適当で、一番適当では困る部分が適当で、ツメが甘すぎる。
ツメがないといっても過言ではない と 自負。

そんなツメも甘く、だらしなさもあってしまう私でも、
10年目となった。10年作らせてもらった。
でも ペンを持ち、線を描きだしたとき、
ほんとは ものすごく楽しい。
こんな毎日が続けばいい と心から思う。
岩を登る、以上かもしれない。  ヒマラヤを歩く、とは比較ができないが。

一番こまるのは、映像。
こうしたい、こんな感じにしたい、があっても、
なかなか思うようにつくれない、のが私にとっての映像。
自分で作成できる技術を超えている。はるかに。

今年は、10年目。10回目。10年連続。

今年は 10年に感謝とおめでとうの意をこめ、
「10年山(じゅーねんさん)」をつくります。

きっと いいものができると思います。

つくり始めのころとなんら根っこはかわらずに。

いつも無い場所にこつぜんとあらわれる ゆきのかたまり。
ゆきはしろく、かたちもしろく、地も白く、ふりかかるゆきはなおしろい。
つくってそこに存在し、どこからどこまでが形でもなく繫がっていて
とけて消え行くまでが作品として 空間自体が作品として そんざいする。
目にのこる残像の雪の塊と 今目に映っている今しかない形。

今年は きっと わたしの思ういちばんができる。いちばんをつくる。

mami
| 21:39 | つく(ってる現在、った過去、る未来) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Mami Tomita |
dec農園 〜回想〜

むかーしむかし、dec農園というものが
十勝岳を望む美しい街 旭川は西神楽の田園風景の中にあったとさ。


久しぶりに なんだかふいに開いてみたら
いやはや もう3年半も前のこと。

よくやってたな と思う。
自分達で
 HOKKAIDO ITADAKI-MASU PROJECT 
     農村都市交流研究会

と命名し、取り組んでました。

まあ、これもどれも、たっくんが現地に住んでたこともあり、
朝5時〜出勤するまでの間の畑作業や、
私達が気ままに行く畑前の現地準備や、
地域側との調整を全てしてくださってたためにできていた
だけのことなんだけど、
それにしても、3年米をつくり、それも毎回違うお米をつくり、
はさがけというなんとも貴重な体験まで教えてもらえて
感謝しても し尽くせないほど
人生において なかなかできない素敵な経験をさせてもらえたと思います。

野菜も作ったけど、 やっぱり 米ですね。
なんで あんなにチクチクするのか。

楽しかった。
皆がひとつの同じこと=米を作る、を目標にしてて
それが 自然相手 ということ、
いろいろと勉強になったときでした。

今、ちゃんとそれが身についているのかどうか。
| 19:11 | つく(ってる現在、った過去、る未来) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Mami Tomita |
Winter Circus vol.8 - 『Rainbow!』 -



「ウインターサーカス vol.8 −雪の魅力−」

雪のランドアートプロジェクトです。

いよいよ明日開催となりました。


本日、一日早く、私の会場 砂川サービスエリアが完成を記念した式がありましたので
夜の映像の投影チェックとあわせて 会場にいってきました。
吹雪です。 凄まじいです。 前がみえませんでした。

作品タイトルは 「Rainbow!」

虹をみると楽しく うれしく こころはずむ。
なぜか 「虹だ!」ってさけんでしまう。
隣に入る人に 「虹でてるよ!」と 話しかけないことは ない。
流れ星でないのに 何か神懸かり的なものを感じて  願い事をしてしまう。
どんな場所にいても、どんな気分のときでも 
虹をみると
ハッピーになる。
虹はハッピーをくれる。

ていう感覚(気分の部分) が 作品になればいいな と
虹を描くわけではない 虹 という作品にしました。

イメージでは この空間を「空」にみたて  だんごを「雲」につくりました。
ときに シルエットが人にみえるような 人間っぽいかんじもでればいいな
とおもって 制作担当の沢山の皆さん方に 削り込み(成形)しているときに伝えました。
それから 数日の今日。

すごくいいです。

ものすごくいいラインができてました。




人に形ないものを イメージを伝えてつくってもらう ということは
とっても難しいです。
作る側にとってみると、よくわからないことばかりでしょうし、
どうして欲しいか細かく説明した方が喜ばれたりもする。
でも、必ずしも その「説明」の形にはならない。 ましてや 対象が 雪 だから
だれも想像できない形を そもそもつくっちゃう。

こちらから どういう言葉をだせば、その作っている人達に私の思い・イメージも伝わり、
かつ、その人達がつくる(その人だからできる形の)「良さ」みたいなものを引き出した作品
になるか など 重要である
と年々おもうところです。
ほんの一瞬の言葉や行動で ぴしっと行くときもあれば
もやもやの時もあります。

ここが 楽しい部分です。

やっぱ 楽しい 雪のかたちつくり。


『Rainbow!』
 会場・制作協力:
  ネクスコ東日本 北海道支社 旭川管理事務所/砂川市

| 21:17 | つく(ってる現在、った過去、る未来) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Mami Tomita |
WINTER CIRCUS vol.7 へ





 WINTER CIRCUS
 land art project


7回目の今回も 参加させていただくことになりました。

雪に近く ひとり遊びに近いこの時間は とっても 幸せなひとときです。

| 22:26 | つく(ってる現在、った過去、る未来) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Mami Tomita |
WINTER CIRCUS 2011
応募開始


                WINTER CIRCUS 2011

           http://www.taisetsu-furano.jp/wintercircus/ 


         雪のランドアートプロジェクトのアーティスト参加 募集開始です.

| 17:45 | つく(ってる現在、った過去、る未来) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Mami Tomita |
畑の秋
 初の私たちのお米 

稲刈り。

私は土日別の仕事で刈り作業にいけなかったので
日曜のよる、旭川にとまり、朝6時、畑にいってみました。

後6分の1ほど残ってましたが、きちんとポールで棚をつくって
乾してありました。
芸術品です。

お米 乾燥中

毎日朝6時から作業してくれてるしばざきくん

刈った後の地面に残る稲の末端の跡の並びも
うねうねしてるところあるけれど 美しかったです。

写真にいるは しばざき隊長。
若いけれど いろんなことなんでもします。できます。頼れる方です。
かゆいところに手がとどきすぎる すごいなー と思う男の子です。 尊敬する。

この日も朝6時から会社に出社するまで畑作業。
いつも ありがとう。


黄金のわさわさのつながりも美しく
連なってて 愛らしい お米たち


一粒とってみると
できてました! 透明のお米。 うつくしい。 ほんとに ためいきでるほどきれいに思えました。
ちゃんと できていたよ。


遠くには 朝の澄んだ空気の中で
十勝岳連峰が青く 夢の中の景色のように 浮き上がっているように みえました。

もっと 毎日会いにいきたい。

はたけさん
またネ!

後ろに青の十勝岳連峰


| 22:55 | つく(ってる現在、った過去、る未来) | comments(2) | trackbacks(0) | posted by Mami Tomita |
| 1/1 |