水の流れるところ  mamimemo

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
利尻山


3年ぶりの利尻山へ。

朝4時、北麓野営場(3合目)から。
この日の日の出は 4:09.
まだ暗いのでヘットランプでスタート。
ひとりで歩く暗い山道は初めてだな と思いながら
クマに遭遇する不安がないことでの心のゆとり。
鳥がなき始める。
空が青く明るくなり、その頃はまだ森の中で、日差しも感じないし、暑くなくて、
ほんの少しだけ汗がじわじわしてるくらいで、ここちいい。
暖かい日の、朝一の山歩きはいいものですね。
ちょうど森がかわりはじめるころ、左側のまぶたと頬に日差しが当たり始め、
自転車用に買ったサングラスをかけたけど、 じゃま。である。
目の前に何かある、というのは、ほんと慣れてないので、邪魔にしか感じない。
けど、まぶしい。はずしては付け、はずして、つけて、を繰り返すけど
やっぱり最終的には、頭にさした時間のほうが圧倒的(ほとんど)。

何合目かな。下をみると、雲海だった。


そういえば、ひとつ前の山はどこだったっけか。
と思うほど、登っていない。なかなか出てこない。
なんで山を歩くんだろう、とか、聞かれていつも答えに困るから
歩きながらなんでだろう、と考えてみたけれど
だってすきなんだ、となる。それだけ。
見えるものにわくわくし、
高いところが大好きで、もっと上に行きたいとおもってしまい、
険しくあればあるほど、かっこいいとおもい、どきどきし、
ひとりもくもくと目の前にあることだけを見ている 
というのがすきなのかな と。
ああ いいな とおもうから しかたない。しかたないんだ。

長官小屋より手前からの山。
晴れていて、朝の澄んだ空気の中でみる、山の頂上と山の腹は みていて
おちつく。ほんと この上にごろごろしたいくらい きもちいい気持ちになる。


本峰は向こう側だけど ここで。8:20.4時間20分。
4時間で登れたらいいんだけども。

山頂で、途中でぬかされたおにいさんとおじちゃんにあいました。
抜かされた気がしないおにいさんも一人いて、私でこの日の登頂は4人目(のはず)。
写真を撮ってもらいました。
むむ、ちょと、顔が、体が、ぷくぷく太りました。ですね。

下山は時間がかかりすぎ、3時間半。・・・
あまりの山登らずゆえ、ガレ場で足がとられて、上手く進めず、ゆったりゆっくりすぎて
12時半下山。
ひどいものです。
帰りも、美味しい美味しい甘露泉水をボトルいっぱいに汲んで、
温泉にも入れて、美味しい御飯も海を眺めながら食べれて、
14時半のフェリーで利尻島から出発。
またきます。のぼります。ぼろぼろの山道に負けないように
少しでも強くなって またきたいと思います。

山はほんと いい。だいすき。



☆mami
| 22:30 | advance | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Mami Tomita |
スポンサーサイト
| 22:30 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://mamitomita.jugem.jp/trackback/131
<< NEW | TOP | OLD>>