水の流れるところ  mamimemo

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
時間の形

 

幌加内町に行きました。

 

一年に何回も行ってますが、初めて案内していただいた隠れスポット。

 

昔、深川〜幌加内〜名寄までを結ぶ鉄道「深名線」がありました。

第三鉄橋は、国道275号の幌加内町のちょうど真ん中あたりに位置し、

国道を走っていると見えてきます。

森の中に、動かぬ形として、ひっそりとありますが、

その形状は本当に美しく、主張しすぎずにも、

その景色をより意味の在るものにしてくれています。

 

そこには、見学できるように車が数台は入れるスペースや、

町の人たちが花壇に花を植えて、きれいにされています。

 

その後ろに 道。

いままで気づきませんでした。 いや、どうみても気づきません。

 

観光協会の古屋さんが案内くださいました。

マップにも載ってない場所。

それに気づかない人のほうがおおいような場所に、

地域の70オーバーのおじいちゃんたちが、木でつくった階段が設置されてました。

 

新しい第三鉄橋。

橋を下から望めます。

 

それこそ昔はダムがなかったので、川の流れも強く多くだったようです。

 

 

 

始めてみる 大きな いくつもの 穴。 

それも大きな岩の表面に、

上から下に向かうものもあれば、横向きに削られているものもあります。

 

ポットホール(甌穴)。

 

久しく感じなかった 驚き入りの感動でした。

 

川の流れとともに小石が流れ、削られ、そのうち渦を巻いてぐるぐると回転。

同じところを何十年、何百年と彫られて、今ここに有る形は数千年とのこと。

大よそ100年で3〜4cmのようなので、

確かに千年でできた形とは思えないほどの深さで、

綺麗な曲線ができていました。

自然の作る形は 当たり前ですが、ものすごいです。

 

また観にいきたいし

そこにずっとみてたかった。

| 17:52 | Wonderful | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Mami Tomita |
スポンサーサイト
| 17:52 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://mamitomita.jugem.jp/trackback/143
<< NEW | TOP | OLD>>