水の流れるところ  mamimemo

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Winter Circus 2016 



きれいだった。

私の、ほぼ一年に1度の表現フィールド Winter Circus.

11回目はないとおもっていたところ、
1回目に作った会場、西神楽での開催の話とあわせて、
制作のご連絡をいただいたのが12月。

ある程度の制限はありつつも、
自由に考えをおこせて、ひとりでは作れないモノを考えて、
一緒につくっていける
こんなに素敵な時間を生きられるのは
ものすごく幸せなことだとおもう。
私はなんてラッキーなのだろうか。
それも11年も。

しいていえば、もしかしたら、
少しの、ある程度の、若干以上の制約がある中で考えるほうが
楽かもしれない。
ゼロから考えること なんて この世の中には存在しない。
すでにものがある世の中にあって それはない。
けれど、いろいろが有りすぎるそこから新しいものを作ること、
のほうがもっと難しいかもしれない。
ゼロに近くから自分で好きなことを考えて
今目の前にない形をつくりあげる。
そのいっぽ先を想像して楽しむことができる。すごく幸せを感じられる。

辞書にある言葉を並べることがいつまでたってもできない。
ボキャブラリが増えない。
そんな私が新しい種類のことを表現できるようにも思いえない。
すぐに答えを出さなきゃいけない と思ってしまう面、
まったく それはどうでもいいや と思うのがほぼ。
なった先から その先を考えて もっと楽しくもっとワクワクしたい
って思うから 何が起こっても まあ たいした気にしない。
それもまた 楽しい。

大きなものが好き。大きくみえるものが好き。
遠くをみるのが好き。
大きければ、空に向かって広がり、上をみることになるから。
空はどこまでも限りなく、その先がどこまでも自由だから。
空はどこまでが空なのか。

知らない誰と誰にだって 同じようなところは どこかはある。と思う。

私が作りたいとおもうものは、
誰かが 自分もできるかも とおもうところに有るもの なのかもしれない。
誰かが 自分で手を加えたくなるもの なのかもしれない。
誰かが 誰かに自分がやったよ といいたくなるものなのかもしれない。

そうでない部分でそうされると 違う と言いたくなる自分もいるけど
否定できないのは そもそもそれを望んでいたところもある。

風船も、椅子も、目新しい題材でもなければ、
ましてや「ゆきのかたまり」なんて、何回同じようなものを作ってきたのだろう
と 誰だっておもう。

でも、
ただ椅子だけでもダメだし、
ただの風船でもダメだし、
こうじゃなきゃいけないに縛られすぎてもダメだし、
ここは譲れないもなくなっちゃいけない。
だから 作品。
だから 私がノートの一ページの平面だったものを 触れるものに表現したくなる。

歌に 演奏に 間違いはあるんだろうか。
私はないとおもうけれど、
聴いている人が気持ちいいとおもえばいいんじゃないかと思う。
でも演奏者が間違ったっていったら それは間違いなのかもしれない。
でも私が間違ったよね っていうことではない範疇のことのように思える。
そこででた音が音であって、間違いってことはないように思う。


こうして 書いていてもよくわからないけれど、
気持ちに時間が早いうちに残しておくことも必要だし
少したったときに 思い返すことも必要?かもしれない。

次にやりたいことがいっこ。

ずっと目の前に貼ってある構想「海の 空にモビール」。

水という
ずっと動きをとめないもの と
水という
かたちをいろいろ変えられる不思議なもの と
風という
見えないけれど カタチを現してくるもの。


自分にとことん素直に生きたい。
ひたむきさを忘れないようにいたい。

mami
| 21:58 | つく(ってる現在、った過去、る未来) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Mami Tomita |
Winter Circus -mami  すきな方をむく 時  そのかたち


11年目、11回目。

少し難しいため、カタチがへんこうになる 前の案。



はなれず くっつきながら
すきな方をむく


ひとつのタマゴのかたち。
と、
ひとつのタマゴのかたち。
お互いにお互いを引き寄せて、
お互いがお互いとは違うほうをみている。

はなれず くっつきながら。

ここに「小学校」という概念のものがなくなっても
ここにあったことには変わりなく、
カタチ有るものは、いつかはなくなり、
カタチあるものは、知った時から自分の中からは一生消えない。
雪は二度と同じかたちにならなく、今、その瞬間を楽しめる天からの贈り物。
雪は、温度も、匂いも、色も、痛さも、全てを感じ取れる。

動くものと、動かないもの。
だけど、いつか動かないものも動きはじめ、いつかは動くものも動かなくなる。

だから、今、その瞬間を、大切に。
そしたら 宝物はどんどん増える。

そこで
動くものと
動かないもの
−ゆきのかたまり


冨田真未
| 19:19 | つく(ってる現在、った過去、る未来) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Mami Tomita |
2016年 新春


新年 あけましておめでとうございます。
 今年も宜しく御願いいたします。

今年は、40歳になります。
20歳のときのお祝いに、買ってもらった
大切な大好きな振袖を着ました。

40歳が特にすごい珍しいことでもなく、
ただ、ここまで健康で、笑顔で、楽しく、
沢山の人に支えていただき生きてこれたこと
本当に嬉しくおもいます。


年の暮れに、国際山岳ガイドの角谷さんに会いました。
角谷さんが

小さな失敗はしてもいいけれど、大きな失敗はしちゃいけない。
だから、小さな失敗や、日々の体験を、どうして、なぜ、と考え続けて、
より沢山の経験とするには、人の失敗も体験も、自分のものとして考える。
体験は考えるから経験となる。体験をいっくらしても考えてなければ経験にならない。
経験にならなければ、いつまでも、すすまず、活かされない。

のようなことをおっしゃってました。

山の話ですけれど、
どんなことにも当てはまります。



新春です。
2年ぶりのハシモトコウアワー。!!!
コンカリーニョは祝10年。幸さんのライブは20年以上。
おめでとうございます。

幸さんのライブは、350席が一気に満員になります。
この人はどこからきた 何なのでしょう。

一瞬で もってかれちゃいます。
一瞬で きゅん となります。

私にとって憧れで尊敬し、ヒーローで、大好きで大切な幸さんは、
愛されキャラ、という、キャラとかで終わらせれません。
愛をみんなにくれる人。
だからみんなみんなが 幸さんを愛してやまないんだと思います。

素敵な人 です。

ステージの幸さんをみていると、
自分が自分の気持ちに素直にひたむきに生きているのかな とふとおもいました。

素敵な音を生み出せる。 
ならば、わたしは、
自分の大好きなとっておきの線を、形を生み出せるだろう かしら。
ただ生み出したい、だけではなりえず、どこにも位置せず、
じぶんも自分を好きでいられず、自分を楽しめなく、
角谷さんのいう、経験の中に、さらに、
それそれなりの頑張りと、自分の芯と、努力と、心をもって。

でも その頑張りも見えないくらいの
春の軽やかさを感じれるものをつくり、自分の存在もそんなであったら、
新しい楽しいものを生み出せたら
この上ない幸せだな と思います。

そんな40歳からの人生を歩みます。




今年も私の大切な大好きな皆にとって
本当に素敵な きゅんとする 楽しい毎日となりますように☆ 
mami
| 23:43 | advance | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Mami Tomita |
実家ママご飯


これ ひとり分。わたし分。うちの家族でいうところ ふつう御飯量。

でも でもね
少しずつ 私も歳をとり
少しずつ 食べる量も減ってきてる。

でも ね
すんごく美味しいの。

コンビニなんて 食べるのが2ヶ月に一回くらいだった30歳までとは
まったくどうしてこんなふうになったんだろうか
と思うほど
外食が多くなり 外食ばっかりになり
でも やっぱり 美味しい外食は たっくさんあるけれど
実家で食べる御飯がいちばん美味しい。
だれかと一緒に食べるのが一番美味しい。
会話しながら は 品がないとなるのかもだけど
美味しい時間を共有でき おいしいね って言って食べれるって
ほんとしあわせで
母のおにぎりは 世界一美味しい。
ほんとに。

こんなに美味しい味を 私も作れたら 幸せのうえの幸せである。

| 18:31 | のんだ たべた | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Mami Tomita |
リレーのバトンタッチのようにずっと

めちゃ幸せ気分です!

って 言葉をいただいた。
ら 嬉しいに決まってる。
戴いたこっちが 
めっちゃ幸せです。

誰かにプレゼントを選んでいるときほど 楽しいときはない。
何かを計画しているとき楽しいのと一緒。
何かを作っているとき楽しいのと一緒。
その人のために、その人たちのために、
その人たちの笑顔を見たい一心でしかないのに、
それだけでもおこがましい望みであり、自分勝手な行動でしかないのに、
そこに 言葉をいただけるなんて
そんなに嬉しいこと ない。

幸せってこういうことなんだろうな。

Happyの永遠のスパイラル。ぐるぐるぐるぐる

誰かに 私も こんな素敵なプレゼントをあげれたら
また 私も幸せです。

写真は2010年5月5日。
| 20:00 | - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Mami Tomita |
利尻山


3年ぶりの利尻山へ。

朝4時、北麓野営場(3合目)から。
この日の日の出は 4:09.
まだ暗いのでヘットランプでスタート。
ひとりで歩く暗い山道は初めてだな と思いながら
クマに遭遇する不安がないことでの心のゆとり。
鳥がなき始める。
空が青く明るくなり、その頃はまだ森の中で、日差しも感じないし、暑くなくて、
ほんの少しだけ汗がじわじわしてるくらいで、ここちいい。
暖かい日の、朝一の山歩きはいいものですね。
ちょうど森がかわりはじめるころ、左側のまぶたと頬に日差しが当たり始め、
自転車用に買ったサングラスをかけたけど、 じゃま。である。
目の前に何かある、というのは、ほんと慣れてないので、邪魔にしか感じない。
けど、まぶしい。はずしては付け、はずして、つけて、を繰り返すけど
やっぱり最終的には、頭にさした時間のほうが圧倒的(ほとんど)。

何合目かな。下をみると、雲海だった。


そういえば、ひとつ前の山はどこだったっけか。
と思うほど、登っていない。なかなか出てこない。
なんで山を歩くんだろう、とか、聞かれていつも答えに困るから
歩きながらなんでだろう、と考えてみたけれど
だってすきなんだ、となる。それだけ。
見えるものにわくわくし、
高いところが大好きで、もっと上に行きたいとおもってしまい、
険しくあればあるほど、かっこいいとおもい、どきどきし、
ひとりもくもくと目の前にあることだけを見ている 
というのがすきなのかな と。
ああ いいな とおもうから しかたない。しかたないんだ。

長官小屋より手前からの山。
晴れていて、朝の澄んだ空気の中でみる、山の頂上と山の腹は みていて
おちつく。ほんと この上にごろごろしたいくらい きもちいい気持ちになる。


本峰は向こう側だけど ここで。8:20.4時間20分。
4時間で登れたらいいんだけども。

山頂で、途中でぬかされたおにいさんとおじちゃんにあいました。
抜かされた気がしないおにいさんも一人いて、私でこの日の登頂は4人目(のはず)。
写真を撮ってもらいました。
むむ、ちょと、顔が、体が、ぷくぷく太りました。ですね。

下山は時間がかかりすぎ、3時間半。・・・
あまりの山登らずゆえ、ガレ場で足がとられて、上手く進めず、ゆったりゆっくりすぎて
12時半下山。
ひどいものです。
帰りも、美味しい美味しい甘露泉水をボトルいっぱいに汲んで、
温泉にも入れて、美味しい御飯も海を眺めながら食べれて、
14時半のフェリーで利尻島から出発。
またきます。のぼります。ぼろぼろの山道に負けないように
少しでも強くなって またきたいと思います。

山はほんと いい。だいすき。



☆mami
| 22:30 | advance | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Mami Tomita |
夏の元気

暑い夏が始まりました。
いかがお過ごしでしょうか。

先日、実家に帰り
久しぶりに 夏の生活 を感じました。

畳にごろんとして、ひんやりとした涼しさを感じる。
風がないのに時々 風鈴がなる。
その音に耳を傾けていると、他の音も聞こえはじめ、
ブラシカッターで芝刈りをする音が響いている。今日は海の日。

夏といえば、スイカ。
大きな大きなスイカを切ってくれた。
父いわく、甘みは少し、確かに足りない気もするけれど、
ウリ科的な、きゅうりのような、シャクっとさっぱりした歯切れのいい音と味。
これがいい。
そして、温かいお煎茶。
これがたまらなくいい。
そして、氷が5つもサービスで入ったアイスコーヒー。
どれもこれもお家の味であって どれもこれも贅沢。
水分ばかりでは夏バテするので、
母の特性お弁当までいただいて帰る。至福の日。海の日。
あ 来年からは 山の日ができる。その日は、父の誕生日。
8月10日は道の日、8月11日は山の日。
なんて素敵な並びの日なんでしょう。


ソフトクリームは季節問わず 美味しいですね。
これは十勝ヒルズの小豆ソフト。
最近は自転車が楽しくて、特に坂道を登るのがたのしい。
でも 坂道にはいろいろが隠されていて、それだけでも奥が深く、
遊ぶべき学ぶべき知るべきやるべき部分がたくさんある。
| 22:07 | Play | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Mami Tomita |
Mapinky 新まみ号


新まみ号 「Mapinky(真ぴんく)」 が届きました。

静岡の掛川で出逢ったこのまっピンクの自転車さん。
静岡の自転車屋さん、通称「山チャリさん」、の奥様の自転車をお借りして
4月に3日間走らせていただいたのですが、譲っていただけることになり、
タイヤを新しく(少し太め:25)していただき、
グリップも真っ白の新品、サドルも素敵に白にしていただいて、
昨日、届きました。
まだちゃんといろんな部分を自分に併せてはいないですが、ひとまず、組みは終了。
工具がないので、色々と「締める」ことができずまだ乗れないですが、
嬉しいです。

小学の頃、みんなと違う自転車がほしくて、
大人も乗れる大きめのサイズの普通のままチャリを3年生のお誕生日に買ってもらって、
むっちゃくちゃ嬉しかった記憶。黄色。
それから、便利な軽いフレームの普通のままチャリ(中〜高〜浪人)。
かなりムチャな使い方をしてても、なんでもこなしてくれる優れものです。
宗考えますと、やはり、ままちゃりは、万能です。
長距離も軽くこなしますし、坂道もへっちゃら(プラス体力ある頃)、買い物もできる大きな籠、
二人乗りの立ちこぎしててもどちらも快適(後ろに立つ人は若干足の裏が痛くなる)、
誰にでも乗りこなせるボディー、
そして、速い。
どれをとっても 文句なし。だけどー ほしくなる自転車さん。
大学の2年時に一目ぼれで購入した赤い「クライン」も、誕生日に父から(高いから、半分程自分。アルバイト代の毎月が自転車で消える年。)。
タイヤを舗装道路用にスリックにしてたけど、ロードバイクもきたので、元に戻そうかな。 の前に、チェーンの錆びをどうにかせねば・・・
の前に、狭い部屋に2台は、、自転車が入りきらず。、いかにしようか。
もう、20年近く乗ってるんだなー


山チャリさん奥様 へ

ありがとうございます。
自分で乗っていた愛車を手放す寂しさ、もどかしさ、諸々、
戴いた私としてもなんともいいがたい気持ちもありますが、
大事に可愛がっていきます!
で、自分っぽいチャリ、にしてきたいと思います!
ありがとうございました。ほんと嬉しいです。
いつかまた、これに乗って、掛川に行けたらいいなと思います。

うむ。
早く走りたい。


でもしかし
岩にも行きたし。  どっちも。どっちも。
| 15:13 | advance | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Mami Tomita |
39歳


39歳

2015/5/29で 30代最後の年となりました。
40年目を生きる ということになります。

この年まで 笑って泣いて悔しくなって 色んな感情を抱きつつも
健康で元気に生活できたことを 幸せ と、この日は特に特別に感じます。

私がこの世に生まれて、真未 という名を両親がつけてくれて、
真未という名で生きています。
たっくさんの人から 真未 と呼ばれ、とても嬉しいです。

より真未らしい毎日に
という言葉を沢山いただきました。
なんて素敵な言葉をくれるんでしょう。
こんなに素敵な人たちに囲まれ、毎日を送っている私は、幸せそのものです。

自分では意識してないのですが、突拍子もないことをしているようで
まわりから驚かれること多いのですが、決してそんなことはなく、
そもそも驚かれるような程度のものでもないのですが、実際には、
遠くをみているようで 近いところをうろうろしています。
もっと大きく 遠く 遠くをみつめながら 近くにも目をむけれるような
そんな人生を歩んでいけるような スタートをきりたいと思います。

今歳の目標は 日々精進 です。
常日頃のだらしなさを、少しでも解消できるよう 頑張りたいと思います。


先日、160kmのロングライドをしてきました。
原さんについてきてもらって、支笏湖の丸駒温泉さんが経営する メメール前にて。

ひざこぞうの傷は、この日、ビンディング付きのシューズをはいて始めての走行、
たったの2こぎで 転びました。
運動会でグランドで転んだときの傷を思い出すほど なんだか 傷が嬉しいほどです。

自分にとっての自転車の魅力は、
きっと、走っているとき、自分と向き合う時間があるからで、
いいなー と想う気持ちにまっすぐになれるから なんだろうな と思います。
そして それが好きなんだろうなー と。
自分にとっての山登りに似てます。

沢山の私の大好きな皆さんにとって
 今日よりも明日、明日よりも明後日が
  よりキラキラと、面白く、笑顔の毎日に★カンパイ

☆mami
| 12:17 | - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Mami Tomita |
ロードバイク


滑るように走る自転車。

どこかの時間から、走るのが気持ちよくなる。

お借りした自転車はサイズがあわせてくれたため、
どこも無理がなく、3日間走ったのに筋肉痛にもならなかった。

自転車にはまれば、山に行く時間が難しくなるから
自転車に乗って 山にいけばいい
という結果に落ち着いた。

キツイ けど キツイ分、力になるかも。
やってみよっかなー。


ぴっくつくらないと。
| 22:22 | - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Mami Tomita |
<< | 2/15 | >>